家族信託・相続・遺言・会社設立などお困りの問題を解決いたします。

5.「家族信託」と「成年後見制度」は、どんな違いがありますか。

  • HOME »
  • 家族信託 »
  • 5.「家族信託」と「成年後見制度」は、どんな違いがありますか。

5.「家族信託」と「成年後見制度」は、どんな違いがありますか。

家族信託と成年後見制度は、全く異なる制度ではありません。また、家族信託が成年後見制度を補完するものでもありません。ましてや対立する制度でもありません。

むしろ、家族信託と成年後見制度は、認知症等の親Aさんに代わって、親Aさんの財産をきっちりと管理するという点で共通しています。

では、家族信託と成年後見制度の違いは、何でしょうか。それは、親Aさんの財産管理をそのご家族が行うか、他人(成年後見人や裁判所)に任せるかという点です。

以下、その相違点のまとめとなります。

相違点1:スタート時点について

各種制度 いつから始めることができるか。 どうやったら始まることができるか。
成年後見制度 親Aさんが認知症などになった後から 裁判所への申立
家族信託 親Aさんが認知症などになる前まで
※1
家族間の契約締結

※1親Aさんが認知症などになった場合、家族信託の利用は困難になります。

相違点2:当事者の選定とその報酬について

各種制度 誰が当事者を決めるのか 報酬を支払う必要があるか 報酬額は誰がきめるか
成年後見制度 裁判所が成年後後見人を専任する※1 必要あり。 裁判所が報酬額を決定する※2
家族信託 家族の話し合いによる 家族の話し合いによる 家族の話し合いによる

※1 現状では、認知症になった親Aさんに一定の財産があると、そのご家族が成年後見人に選任されることは困難です。

※2 認知症になった親Aさんの財産額に比例して、報酬額が変わります。なお、その報酬額は親Aさんのご家族に通常知らされません。

 

相違点3:財産の選択とその管理処分について

各種制度 財産の選択ができるか 財産の管理は
誰が行うか
財産の処分(売却・賃貸など)
は誰が行うか
財産の管理処分について
誰に報告するか
成年後見制度 全財産が対象となる 成年後見人が管理する 裁判所の許可・事前相談の↑、成年後見人が行う 裁判所に報告する
家族信託 家族の話し合いによる 契約ん従って、家族が管理する 契約に従って、家族が行う 親Aさんや子Bさんの信託監督人等(もしいれば)に報告する

 

相違点4:代理権・取消権・同意権の有無について

各種制度 認知症の親に代わって、
各種契約締結や各種訴訟をできるか
(いわゆる代理権)
認知症の親が独断で締結した、
契約を取り消したり、同意することができるか
(いわゆる取消権と同意権)
成年後見人
できる

できる
家族信託
出来ない※3

出来ない

※3 家族信託において、認知症になった親Aさんに代わって、財産を預かったそのご家族は、その財産について名義人(所有者)です。したがって、名義人(所有者)として、預かっている財産について、各種契約や各種訴訟はできます。例えば、アパートを預かっている場合、新たな賃貸借契約や立退訴訟を行えます。しかし、預かっていない財産については、何も権限がありません。

このことから次のことが言えます。
成年後見人とは、本人の代理人ですが、家族信託によって財産を預かる方は、あくまでも預かった財産だけの管理人ということです。

この両制度の特徴を区別して、どちら選択するか検討する必要があります。この点、ぜひご相談ください。

家族信託のご相談について

●家族信託に限り、初回120分の無料相談料を承ります(ご予約ください。)。
●2回目以降は、60分8,000円(税別)の相談料を申し受けます。
●正式にご依頼頂いた場合には、上記相談料は報酬より差し引かせて頂きます。

お気軽にお問合せください! TEL 048-424-5835 平日 午前9:00〜午後18:00

最新記事

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.